コロナ禍で株を始める人が増加。初心者におすすめの長期保有株

コロナ禍におけるテレワーク・リモートワークで空いた時間やスキマ時間で、株式投資をする人が増えています。

そこで今回は株初心者におすすめの、長期で持ちたい日本株を5銘柄紹介していきます。

長期保有がおすすめの3つの理由

まずは、なぜ株を長期保有すると良いのか、長期保有をおすすめする3つの理由を紹介していきます。

大きなリターンを狙える

株式投資とは「お金に株式市場で働いて貰う」ということを意味します。

つまり、「長期保有する(長期投資する)=お金に長く働いてもらう」ことになります。

人間でも通常は長く働いた方が給料は高いですよね。株式投資も同様に、お金に長く株式市場で働いて貰った方が、より高い給料を稼いできてくれる(=大きなリターンがある)可能性が高いと言えるのです。

取引に時間を取られない

短期売買をする場合は、取引の度に株価をチェックし、画面に張り付き、注文を出し続けなければいけません。

一方、長期投資の場合は、基本的に一度買い付けをすれば、あとはときどき株価をチェックをすれば済むため、取引に時間を取られることはありません。

配当金を長期で貰える

株式を長期保有することで、長期間に渡って配当金を貰うことが可能になります。高配当銘柄の場合、投資金額に対して年5%前後の配当を貰うことができます(もっと%の高い銘柄もあります)。

つまり、投資金額に対して、年5%の配当金が出る銘柄の場合、100万円を投資すれば、年5万円が配当金として入ってくる計算です。銀行に預けているよりずっと利回りは良いですよね。

売買手数料・税金のコストを抑えられる

短期売買の場合は、頻繁に売買を繰り返すため、その度に手数料が掛かってしまいます。また利益確定をすると、そのたびに売却益に対しても税金が掛かってしまいます。

一方、長期保有の場合は、短期売買に比べて売買の数が少なく、したがって利益確定の数も少ないため、手数料・税金ともに、コストを抑えることができるのです。

長期保有したいおすすめ日本株5選

それでは長期保有におすすめの日本株を5つ見ていきましょう。

オリエンタルランド

「オリエンタルランド」というとあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、あの東京ディズニーランドや東京ディズニーシーなど、ディズニーリゾートを運営している企業になります。

オリエンタルランドは非常に強い「ディズニーブランド」を手掛けることのできる日本で唯一無二の会社です。

入園料は値上げを続けているのにも関わらず、東京ディズニーリゾートの入園者数は高水準で推移しており、外国人来園者も増加しています(さすがにコロナショックの時期は低迷していますが・・・)。

今後も唯一無二の「ディズニーブランド」を活かして、成長していくことが見込める企業となります。

花王

洗顔料の「ビオレ」やベビー用紙おむつの「メリーズ」などで、私たちにとっても身近な花王は、実は30期連続で増配(配当金の額を増やすこと)をしている超優良企業です。しっかり利益を稼ぎ、財務状況が良好でないと増配はすることができません。その点、30期連続という記録は断トツで日本一です。

これから何倍にもなるような銘柄ではないとは思いますが、好不況に関わらず常に一定に需要がある事業を展開しているため、長期で持つにはもってこいの銘柄です。

エムスリー

エムスリーは、医療情報専門サイト「m3.com」等を運営する企業です。「m3.com」とは医療従事者を対象とした医療ポータルサイトで、日本の医師29万人のうち25万人以上が会員登録をしています。

エムスリーは安定的かつ高水準で成長を続けているのが特徴で、株価を見てみると、業績に応じて、綺麗に上がっていることが分かるかと思います(2020年9月現在)。

海外での売上げも伸ばしてきており、今後が楽しみな企業の1つです。

ニトリ

家具・インテリアで有名なニトリですが、安定感のある業績が特徴で、株価も堅調に推移しています(2020年9月時点)。

ニトリは海外から商品を仕入れているため、為替は円高になった方が、業績にプラスに働くという特徴があります。

なお、ニトリを保有すると株主優待として、お買い物券(10%オフ券)が貰えますので、ニトリで買い物をする際に、利用することもできちゃいます。

信越化学工業

信越化学工業は、あまり一般には馴染みのない企業かもしれませんが、1926年に創立された化学メーカーで、塩化ビニルや半導体シリコンなどで世界一のシェアを誇る会社です。

塩化ビニルは水道管や電線などに使われ、半導体シリコンは通信機器や家電、ATMなどに使われています。

信越化学工業は営業利益が10期連続増益で、さらに企業の安定性を示す自己資本比率(70%以上あれば理想と言われている)が82%と、非常に財務状況の良い企業として有名です。

日本株で長期保有をするなら信越化学工業のような、稼いでいる+好財務な銘柄がおすすめです。

まとめ

今回は長期保有におすすめの日本株を5つ紹介してきました。今回は紹介した銘柄は、日本を代表する優良企業ばかりです。もし気になる銘柄があれば、長期投資を検討してみてはいかがでしょうか。