【2020年8月最新】テレワークにおすすめのポケットWi-Fi

快適なテレワークを行うためには、良い通信環境が必須です。通信環境をしっかり整えないと「データの読み込みが遅くてイライラする」「ダウンロードに時間がかかる」「途中で通信が切れて仕事に支障が出る」なんてことにもなりかねません。

そこで今回は「通信速度」の切り口で、テレワークにおすすめする本当に役立ったポケットWi-Fiだけを紹介していきます。

通信速度の速いポケットWi-Fiでテレワークをしよう

快適なテレワークを実現するためには、通信速度の速いポケットWi-Fiを選ぶことが大切です。まず最初に「通信速度について覚えておきたい基礎知識」と「テレワークに必要とされる通信速度」を押さえた後に、通信速度の速いポケットWi-Fiを見ていきましょう。

通信速度の基礎知識

通信速度には「上り」と「下り」があるのをご存知でしょうか?

簡単に言うと「上り」はデータを送信する時の通信速度のこと。メールを送ったり、データをアップしたりする時の通信速度を指します。

一方「下り」はデータを受信する時の通信速度のこと。メールを受信したり、動画をダウンロードしたりする時の通信速度を指します。

多くのポケットWi-Fiではこの「上り」と「下り」の最大通信速度が明記されており、通信速度の速さを把握することができます(ただし、ポケットWi-Fiに記載があるのはあくまでも最大の通信速度であって、実際の通信速度はもっと遅いことは頭に入れておきましょう)。

「上り」も「下り」も速いに越したことはありませんが、普段「通信が遅い」と感じるのは、サイトが開くのが遅かったり、動画の読み込みが遅い時かと思います。そう考えるとポケットWi-Fiの通信速度を見る際には「下り」をより注視した方が良いでしょう。

テレワークに必要な通信速度

一般的にストレスなくテレワークができる通信速度は10Mbps~30Mbpsと言われています。もちろんあくまでも目安ではありますが、最低でも10Mbpsは欲しいところです。

通信速度の速いおすすめポケットWi-Fi5選

それではテレワークにおすすめする通信速度の速いポケットWi-Fiを5つ見ていきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQ ...

「Speed Wi-Fi NEXT W06」は、「GMO とくとくBB」、「UQ WiMAX」や「Broad WiMAX」、などで契約できるポケットWi-Fiです。

→GMOとくとくBB(公式サイトはこちら)

→UQ WiMAX(公式サイトはこちら)

→Broad WiMAX(公式サイトはこちら)

通信速度は「上り:最大75Mbps」「下り:最大1.2Gbps」とポケットWi-Fiの中でも屈指の通信速度を誇ります。

また、アンテナ感度も向上しており、今まで繋がりにくかった場所でも、繋がりやすさがUPしています。

多くのプロバイダーで取り扱っているので、通信速度は確保しつつお得なプロバイダーを見つけて費用を抑えてポケットWi-Fiを利用したい人におすすめです。

Wi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-52Aの画像

NTTドコモの「Wi-Fi STATION SH-52A」は2020年6月1日発売のポケットWi-Fiです。通信速度は「上り:最大480Mbps」「下り:最大4.1Gbps」と5Gならではの圧倒的な通信速度を誇ります。

→NTTドコモ(公式サイトはこちら)

また「Wi-Fi STATION SH-52A」を有線LANケーブルで繋げる場合も今までのルーターに比べて2.5倍の速さを出します。

さらにディスプレイに表示させたQRコードをスマホで読み込めば簡単に接続することもできます。

とにかく高性能で通信速度の速いポケットWi-Fiが良いという人におすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT WX06

公式】GMOとくとくBB | Speed Wi-Fi NEXT WX06スペック詳細

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」はや「GMOとくとくBB」、「カシモWiMAX」、「Broad WiMAX」などで契約できるポケットWi-Fiです。通信速度は「上り:最大75Mbps」「下り:最大440Mbps」と多くのポケットWi-Fiと比べても速いです。

→GMOとくとくBB(公式サイトはこちら)

→カシモWiMAX(公式サイトはこちら)

→Broad WiMAX(公式サイトはこちら)

このWi-Fiルーターの特徴は、2.4GHz/5GHzを同時利用することができる点。幅広い機器に接続可能な2.4GHzと高速通信が行える5GHzを同時に利用することで、最適な通信環境を整えることが可能となります。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」同様に、多くのプロバイダーで取り扱っています。お得なプロバイダーを見つけてポケットWi-Fiを利用したい人におすすめです。

Speed Wi-Fi 5G X01

au初の5GポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X01」は「上り:最大481Mbps」「下り:最大4.1Gbps」とNTTドコモの「Wi-Fi STATION SH-52A」同様に5Gならではの圧倒的な速度を誇ります。

→au(公式サイトはこちら)

バッテリーも4000Ahと大容量ですので、外で長時間作業をする場合でも安心です。

また他のWi-Fiルーターに比べても同時接続台数が16台と多く、自宅で家族が使ったとしても、通信速度にそれほど影響はないでしょう。

外で利用する機会が多い人や、とにかく高性能で通信速度の速いポケットWi-Fiが良いという人におすすめです。

Pocket WIFI 802ZT

Pocket WiFi 802ZT

SoftBankの「Pocket WIFI 802ZT」は、「下り:最大988Mbps」の高速通信を実現しているポケットWi-Fiです。3000Ahのバッテリーを搭載しており、約12時間電池が持ちます。

→SoftBank(公式サイトはこちら)

また、オプション品の「クレードル」を使用すれば有線接続も可能ですので、もし「もう少し通信速度を速くしたい」という方は有線接続も選択肢に入れることができます。

セット割引の対象になる可能性があるため、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

まとめ

今回は「通信速度」という切り口でテレワークで本当に役立ったポケットWi-Fiを紹介してきました。今回紹介したポケットWi-Fiは全て、ポケットWi-Fiの中でもトップクラスの通信速度を誇るものたちです。通信速度を重視してポケットWi-Fiを選ぶ際には是非参考にしてみてください。