1日のギガ数はどのくらい?テレワークに役立つおすすめポケットWi-Fiを3つ紹介します

テレワークで「1日にどれくらいの通信量(ギガ数)が必要なのか」気になったことはありませんか?

ネット通信回線によっては、一定通信量を超えると通信制限になることがあり、おおよその通信量は把握しておきたいところです。

そこで今回は、テレワークで1日に使うギガ数の目安おすすめのポケットWi-Fiを紹介します。

テレワークでは1日最低2GB以上は使う

テレワークでは1日最低2GB以上は使う

在宅やテレワークの業務内容によりますが、平均して1日最低2GBは使うと考えて良いでしょう。

Web会議を頻繁に行ったり、自宅から会社のパソコンにアクセスするリモートデスクトップなど常時ネット回線につなぐ場合、多くの通信量が必要です。

Web会議での消費量は多い

たとえばWeb会議ツールであれば、
・ZOOMを1時間使用した場合で約300MB程度
・Skype電話の場合は1時間で2GB
を消費することがあります。

またぼくがリモートデスクトップを使って、資料作成やデータ分析などの業務を行った結果、1日8時間で約1GB程度を消費しました。

使うツールやデータの取扱い量によって、消費するギガ数は大きく左右されますが、最低でも1日2GBは使用すると仮定すると、月間40~60GBの容量が必要と言えます。

そのためテレワークでは、携帯やスマホとは別に仕事用として大容量のポケットWi-Fiを買うのがおすすめです。

大容量100GBのポケットWi-Fiなら安心

テレワークをする場合、100GBの大容量ポケットWi-Fiを使うと快適に仕事ができます。

100GBの容量というのは、例えばYouTubeなら400時間相当、1日10時間使ってもまだ余りますし、ZOOMでも160時間に相当します。

100GBあればかなり安心です。

しかもポケットWi-Fiは急な出張や外出先、カフェでも使えますし、スマホのWi-Fiとして使うこともできるので持っていて損はないでしょう。

コスパ最強、1日120円で100GBが使える

そしてこれから紹介する100GBのポケットWi-Fiは、月額料金が一番安い3,718円というコスパ重視で厳選しました。

大容量100GBのWi-Fiが月額3,718円なので、1日あたり約120円と考えるとコスパ最強ですね。

ポケットWi-Fiの最大メリットは、工事不要で契約してすぐに使用できる点と持ち運びができる点です。

そのため急なテレワークや在宅勤務になっても安心です。

それではおすすめの大容量100GBポケットWi-Fiを紹介します。

クラウドWi-Fi

契約期間の縛り無し!100GBまで自由に使える「クラウドWiFi」(https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/)

<クラウドWi-Fiの特徴>
・解約違約金がなく契約の縛りがない
・海外でも使える

ポケットWi-Fiを使ったことがない人にとっては、実際の使い勝手や通信速度、接続状況など気になることが多いはずです。

もし気に入らなかったときに解約料を取られるのはイヤ、まずはお試したいという方は、クラウドWiFiがおすすめです。

料金月額3,718円(税込)
最大通信速度最大上り速度:50Mbps最大下り速度:150Mbps
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
(端末により異なる)
通信制限月間100GB超過で128kbpsに制限

それがだいじWi-Fi

選べる2プラン!それがだいじWi-Fi(https://www.soregadaiji-wifi.com/)

それがだいじWi-Fiは、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの大手3社の中から、最適回線に自動接続するのでいつでもどこでも快適に使用できます。

<それがだいじWiFiの特徴>
・50GBと100GBの2プランから選べる
・契約するとマンガも読み放題

契約でマンガ無料で読み放題という嬉しい特典がついてくるので漫画好きな方におすすめです。

料金月額3,718円(税込)~ 
最大通信速度最大上り速度:50Mbps 最大下り速度:150Mbps
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
(端末により異なる)
通信制限月間100GB超過で384kbpsに制限

クイックWi-Fi

→クイックWiFiならずーっと100GB月額3,718円!もちろん工事不要ですぐに使える!(https://quick-wifi.com/)

クイックWi-Fiは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線で、どこでも快適に高速インターネットが利用できます。

<クイックWiFiの特徴>
・キャッシュバックがある

キャッシュバックがあるため、コスパ重視の方におすすめです。

料金月額3,718円(税込)
最大通信速度最大上り速度:50Mbps最大下り速度:150Mbps
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
(端末により異なる)
通信制限月間100GB超過で384kbpsに制限


コスパ最強、大容量100GBのポケットWi-Fiのまとめ

紹介した「クイックWi-Fi」「クラウドWi-Fi」「それがだいじWi-Fi」の共通点は以下の通りです。

・通信容量が100GBと大きい
・月額料金が一律
・通信速度は上り50Mbps、下り150Mbps
・セキュリティも高い

ポケットWi-Fiを検討しているなら、この3社から選べば問題ないでしょう。

合わせて読みたい:1日だけ使う人におすすめ!レンタルWi-Fi

合わせて読みたい:在宅勤務がメインの人におすすめ!光回線

テレワークの通信環境を整えるポイント

テレワークの通信環境を整えるポイント

テレワークではどんなWi-Fi通信環境を整える必要があるのでしょうか。

テレワークの通信環境を整える上でチェックしておきたい3つのポイントについて解説します。

チェックしておきたいポイントはこの3つです。
・通信速度
・セキュリティ

・通信容量


具体的に見ていきましょう。

通信速度は「下り」を重視

テレワークをする上でまずチェックをしておきたいポイントがWi-Fiの通信速度です。

Web会議をしたり、データ容量の多いファイルのやりとりをする場合、通信速度が遅いと業務が進まずイライラしますし、相手にも迷惑をかけてしまいます。

通信速度の単位は「Mbps」で表され、一般的に快適に通信できるのは、10Mbps~30Mbps程度と言われています。

ポケットWi-FiにはどれくらいのMbps(通信速度)があるのか、商品に表示されていますので、チェックしてみましょう。

なお通信速度には、上り(送信/アップロード時に使われる通信)と下り(受信/ダウンロード時に使われる通信)があります。

通信が遅いと感じるのは、データやファイルの読み込みが遅いときですので、下りを特にしっかり確認することをおすすめします。

今回紹介した3商品は下りが50Mbpsなのですべてクリアしています。

セキュリティの認証方式をチェック

業務でやりとりをする情報の中には、大切な情報もたくさんあると思いますので、セキュリティ面も必ずチェックしましょう。

特にWi-Fiの場合は、高度な暗号化通信を使用するようにしましょう。
Wi-Fiの暗号化と認証方式には3つあり、
①WPA2(AES方式) 
②TKIP方式 
③WEP方式
の順にセキュリティが高いです。

今回紹介した3商品はセキュリティの高い①WPA2(AES方式)なのですべてクリアしています。

通信制限がかからないものを選ぶ

Wi-Fiには一定の通信量の上限を超えると通信制限がかかり低速になるものがあります。

今回紹介した3商品は日ごとの通信制限がないので、すべてクリアしています。

まとめ

今回はテレワークで使用する1日の平均通信量(ギガ数)やそれに役立つおすすめのポケットWi-Fiを紹介しました。

テレワークや在宅勤務で業務効率や生産性の鍵となるのがWi-Fi通信環境です。ネット回線が遅くなったり使えなくなると業務に支障を来たしてしまうため、重要視すべきです。

自分が1日に使うギガ数を把握し、快適な通信環境を整えていきましょう。

今回紹介したポケットWi-Fiはこちら