1日のギガ数はどのくらい?テレワークに役立つおすすめポケットWi-Fiとは

テレワークやリモートワーク、在宅勤務で「1日にどれくらいの通信量(ギガ数)が必要なのか」気になったことはありませんか?

ネットの通信回線によっては、一定通信量を超えると通信制限が掛かることがあり、大体の通信量は把握しておきたいところです。

そこで今回はテレワークで1日に使うギガ数の目安とおすすめのポケットWi-Fiを紹介します。

テレワークでは1日最低2GB以上は使う

在宅やテレワークの業務内容によりますが、平均して1日最低2GBは使うと考えて良いでしょう。

WEB会議を行ったり、自宅から会社のパソコンにアクセスするリモートデスクトップなどネット回線を頻繁に利用する人は、ExcelやPowerPointなどを使って事務作業をする人に比べて多くの通信量が必要です。

WEB会議ツールを提供している企業や周辺情報を調査した結果、ZOOMを1時間使用した場合で約300MB程度、Skype電話の場合は1時間で2GBを消費する場合があります。

一方Excelなどを使用した資料作成業務では、8時間で1GB程度しか使わなかった、というケースがあります。

使うツールにより、消費するギガ数は大きく左右されますが、最低でも1日2GBは使用すると仮定した方が良さそうです。

テレワークの通信環境を整えるポイント

前章で1日2GBの使用量はみておきましょうという話をしました。

続いて、テレワーク・リモートワークのwifi通信環境を整える上でチェックしておきたい3つのポイントを確認しましょう。

通信速度は「下り」をチェック

テレワークをする上でまずチェックをしておきたいポイントが通信速度です。

顧客とのWEB会議やデータ容量の多いファイルのやりとりなどがある場合、もし通信速度が遅いと業務効率が悪化します。

通信速度の単位は「Mbps」で表され、一般的に快適に通信できるのは10Mbps~30Mbps程度と言われています。

光回線もしくはポケットWi-FiにはどれくらいのMbps(通信速度)を出せるのか、商品によって表示されていますので、しっかりチェックしましょう。

通信速度には、上り(送信/アップロード時に使われる通信)と下り(受信/ダウンロード時に使われる通信)があります。

通信が遅いと感じるのは、データやファイルの読み込みが遅い時ですので、下りを特にしっかり確認することをおすすめします。

セキュリティの認証方式をチェック

業務でやりとりをする情報の中には、大切な情報もたくさんあると思いますので、セキュリティ面も必ずチェックしましょう。

特にWi-Fiの場合は、高度な暗号化通信を使用するようにしましょう。
Wi-Fiの暗号化と認証方式には3つあり、
①WPA2(AES方式) 
②TKIP方式 
③WEP方式
の順に高度なセキュリティ機能を持ちます。

現在のWi-FiはWPA2(AES方式)が主流ではありますが、契約時に念の為チェックをすることおすすめします。

回線品質のチェック

回線品質が低いと、通信障害や通信速度の低下を招いてしまうため、しっかりチェックしましょう。
単純に回線品質だけを見れば、光回線>ポケットWi-FIです。

ただし、最近のポケットWi-Fiも回線品質は高いため、過剰に心配する必要はありません。チェックしたほうが良い、程度に留めておいて問題ありません。

テレワークにおすすめのポケットWi-Fi/プロバイダー5選

最後に、テレワークにおすすめのポケットWi-Fiを5つ紹介していきます。

ポケットWi-Fiは光回線に比べ、通信速度や安定性などは及びませんが、すぐに契約してテレワークに使用できるというメリットがあります。

今回ご紹介する5つのポケットWi-Fiを参考にしてみてください。

とくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX 2

とくとくBB WiMAXは、さまざまなキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダーで、還元される金額が大きいのが特徴です。
契約して20日以内ならキャンセルできる点もおすすめです。

→とくとくBB WiMAX(公式サイトはこちら)

料金月額3,609円(税抜)~
最大通信速度最大上り速度:75Mbps最大下り速度:1.2Gbps
※端末による異なる
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)など
(端末により異なる)
連続待受時間約800時間(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時)
通信制限3日間で10GBを超えた場合、翌日18時~翌2時まで
1Mbpsになる

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、初月の価格が業界で一番安く、ギガ放題で1,380円~という料金設定です。
UQ WiMAX回線を使用しており安心です。1ケ月目の費用が1,380円と破格ですが2ケ月目以降は費用が上がりますので注意しましょう。

→カシモWiMAX(公式サイトはこちら)

料金月額1,380円(税抜)~
最大通信速度最大上り速度:30Mbps最大下り速度:867Mbps
※端末により異なる
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
(端末により異なる)
連続待受時間約800時間
通信制限3日間で約10GB以上利用時、当日18時~翌日2時まで
約1Mbpsになる

Y!mobile

 Y!mobile | ワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)は、他のポケットWi-Fiに比べ、多少料金が高めですが、ソフトバンクのLTE回線を一部使用することができます。
通信制限は3日間で10GB以上利用時の点は、他のポケットWi-Fiと同じですが、当日に通信制限が掛かりますので、いつ通信制限になるか混乱せず、分かりやすいです。

→Y!mobile(公式サイトはこちら)

料金月額3,696円(税抜)~
最大通信速度最大上り速度:37.5Mbps最大下り速度:988Mbps
※端末により異なる
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
(端末により異なる)
連続待受時間約1,590時間(無線LAN OFF時)
通信制限3日間で約10GB以上利用時、当日18時~翌日1時まで
約1Mbpsになる

UQ WiMAX

UQ mobile・UQ WiMAX

UQ WiMAXは、深田恭子さんなど三姉妹が出演しているCMでお馴染みです。
サポート体制が充実しており、サポートセンターは年中無休で9時~21時まで対応してくれるため安心です。
(他のプロバイダーの場合、有料であったり、対応時間が短かったりします)

→UQ WiMAX(公式サイトはこちら)

料金月額3,880円~
最大通信速度最大上り速度:75Mbps最大下り速度:1.2Gbps
※端末による異なる
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)など
(端末により異なる)
連続待受時間約800時間(WiMAX2+、スマート設定時)
通信制限3日間で10GBを超えた場合、翌日18時~翌2時まで
1Mbpsになる

Broad WiMAX

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、業界でも最安級の月額2,726円(税抜)~でモバイルWi-Fiを提供しているWiMAXプロバイダーです。
WEBから申し込み&クレカ払いで初期費用を割引するキャンペーンも開催中

→Broad WiMAX(公式サイトはこちら)

料金月額2,726円(税抜)~
最大通信速度最大上り速度:75Mbps最大下り速度:1.2Gbps
※端末による異なる
セキュリティWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
など端末により異なる
連続待受時間約800時間(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時)
通信制限3日間で10GBを超えた場合、翌日18時~翌2時まで
1Mbpsになる

GLOCALNET

グローカルネット

GLOCALNET(グローカルネット)は、1日の通信制限が5GBと他のプロバイダーよりも大きいのがポイントです。
テレワークでたくさん通信を使いそうな人におすすめのポケットWi-Fiです。
※テレワーク支援キャンペーンとして、特別プランを実施中

→GLOCALNET(公式サイトはこちら)

料金月額3,480円(税別)
最大通信速度最大上り速度:50Mbps最大下り速度:150Mbps
セキュリティWPA2-PSK
連続使用可能時間12時間
通信制限5GB/1日を超過した場合200kbpsへ(翌9:00に更新)

まとめ

今回はテレワークで使用する1日の平均通信量(ギガ数)やそれに役立つおすすめのポケットWi-Fiを紹介しました。

テレワークや在宅勤務で業務効率や生産性の鍵となるのがWi-Fi通信環境です。ネット回線が遅くなったり使えなくなると業務に支障を来たしてしまうため、重要視すべきです。

自分が1日に使うギガ数を把握し、快適な通信環境を整えていきましょう。

Wi-Fiを選ぶ際はこちらもチェック