テレワークにおすすめの光回線、3つのメリット

テレワークを始めて、家でインターネットを使う頻度が増えてきたという方の悩みとして、

ポケットWi-Fiだと通信が遅くてイライラする

ポケットWi-Fiの通信制限がすぐかかってしまう

といった人も多いかと思います。そんな悩みを解決するのが「光回線」です。そこで今回はテレワークにおすすめの光回線と利用時のメリットを解説していきます。

テレワークで光回線を使うメリット

テレワークで光回線を利用する3つのメリットを解説していきます。

【メリット①】通信速度が安定して速い

光回線は通信速度が速く、安定しています。そのため「急に回線が切れた」「通信速度が遅くてイライラする」というリスクを抑えることができます。 

また一般的な光回線の通信速度は下りで最大1Gbps。一般的にサクサクとパソコンが動く通信速度は10Mbps~30Mbps程度と言われているため、充分な速度が出ます。

このように、もしポケットWi-Fiの通信速度や安定性に満足されていなければ、光回線の検討をおすすめします。

【メリット②】通信制限がない

光回線には通信制限がありません。ポケットWi-Fiも通信制限がないものもありますが、「3日で10GB以上使用したら一定の通信制限が掛かる」など、通信制限のあるものが多いです。

例えばUQ WiMAXの場合、直近3日間で10GB以上使ってしまうと、翌日18時頃~翌々日2時頃にかけて、通信制限が行われます。18時頃だとまだテレワークをする人もいるかと思いますので、少し不便そうです。

その点、光回線は通信制限を気にせずに利用することができます。

【メリット③】ポケットWi-Fiと併用でどこでもテレワークができる

ポケットWi-Fiと光回線を併用すればどこでもストレスなくテレワークをすることができます。

ポケットWi-Fiは持ち歩きはできるのですが、通信制限があるのが弱点です。そのため、家では光回線を使用し、外ではポケットWi-Fiを利用することで、ポケットWi-Fiでのデータ使用量を抑え、家でも外でも快適にテレワークを行うことができるのです。

テレワークにおすすめの光回線

それではテレワークにおすすめの光回線を5つ紹介していきます。

NURO 光

NURO光はソニー株式会社の子会社のソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光回線です。

→NURO光(公式サイトはこちら)

NURO光の特徴は通信速度が速いこと。一般的な光回線の速さは下り最大1Gbpsですが、NURO光は2倍の最大2Gbpsです。単純に2倍速いのです(ただし、この2Gbpsという数字はあくまで最大速度のため、実際に出る速さはもっと遅いです)。

また月額費用も4,743円(税抜)とお手頃なのも特徴です。ただし、利用できるエリアは限られているため、契約前に自分のエリアでNURO光を使えるのかどうか、必ずチェックしましょう。

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモが提供している光回線です。
月額料金はマンション住みの人は4,000円~/月額、戸建て住みの人は5,000円~とお手軽な価格帯です。

→ドコモ光(公式サイトはこちら)

なお、通信速度は上り下り最大1Gbpsと後述するSoftBnak光やSo-net光プラスと同じで速度です。充分快適にテレワークを行うことができる速度でしょう。

さらに、ドコモユーザーは「ドコモ光セット割」を使えば、家族全員のスマホが月額最大1,000円割引されます。そのためドコモユーザーであればまず検討した光回線です。

au光

au光はKDDIが提供している光回線です。au光の特徴は世界最速を誇る通信速度。通信速度が最大10Gbpsになるプランもあり、「とにかく速い光回線が良い」という人は、まず選択肢に挙がるでしょう。

→auひかり(公式サイトはこちら)

料金は戸建ての場合は月額5,100円~(税抜)、集合住宅(マンション)の場合は3,400円~(税抜)です。

また、ドコモ光や後述するSoftBank光と同様に家族のスマホが最大1,000円割引されるプランもあります。そのためauユーザーで通信速度を求めている人におすすめの光回線です。

SoftBank光

SoftBank光はソフトバンクが提供している光回線です。通信速度はドコモ光や後述するSo-net光プラス同じ最大1Gbpsです。
月額料金は集合住宅の場合月額3,800円~、戸建ての場合は3,900円~です。

→Softbank光(公式サイトはこちら)

さらにドコモ光やau光と同様にソフトバンクユーザーは家族のスマホ代が1,000円割引されるプランがあります。

乗り換え時にキャッシュバックがあるキャンペーンもあり、特にソフトバンクユーザーはお得にSoftBank光回線を利用することができます。

So-net光プラス

So-net光プラスはNTT東日本・西日本の光回線とSo-net(ソネット)のプロバイダーを組み合わせた光回線です。

→So-net光プラス(公式サイトはこちら)

月額料金はマンションの場合、利用開始月が月額3,000円で1~24ヶ月目は2,080円です。戸建ての場合は利用開始月が月額3,000円で1~24ヶ月目は3,080円と格安です。

なお、通信速度はドコモ光やSoftBank光と同じく上り・下り最大1Gbps。またauのスマホが月500円~割引されるため、特にauユーザーにおすすめです。

まとめ

今回はテレワークや在宅勤務で光回線を利用するメリットとおすすめの光回線を5つ紹介してきました。

光回線は自分のスマホのキャリアによって、au光・SoftBnak光・ドコモ光・So-net光プラスのどれがお得か異なります。

また通信速度を重視するならNURO光も選択肢に挙がるでしょう。この記事を参考に光回線の利用を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も参考にどうぞ