本当に速い?NURO光のメリット・デメリット

テレワークや在宅勤務をしていると、自宅でパソコンを使う機会が増え、快適なネット通信環境で仕事をしたいと考える人も多いと思います。

この快適なネット環境を手に入れるために、自宅に「光回線」を入れる人が増えています。

そこで今回はより快適な通信環境でテレワークを行うために光回線である「NURO光」について解説をしていきます。

NURO光とは

NURO光とは、ソニー株式会社の子会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しているインターネット回線です。他の会社と異なる「G-PON」と呼ばれる通信規格を使用しており、また光回線を独占しているため、通信速度が速いことが特徴です。

→NURO光(公式サイトはこちら)

NURO光のメリット3選

ここではNURO光を使うメリットを3つ紹介していきます。

メリット①通信速度が速い

NURO光を利用する大きなメリットに「通信速度が速い」という点があります。

NURO光は「G-PON」という最大伝送速度の速い通信規格を導入しており、また光回線を独占して利用しているため、通信混雑が少なく、安定した速い通信速度を実現しています。

通信速度は、上り最大1Gbps、下りは最大2Gbpsです。
NTTフレッツ光を含め、他の光回線が最大下り1Gbpsなので、下りは他の光回線より単純に2倍の速さということになります。

なお、「上り」というのはデータを送信したりアップロードしたりと、こちらからデータを送信する時の速度のことで、逆に「下り」はデータの受信やダウンロードをする時の速度を指します。

自宅でテレワークをしていると、特に夕方から夜にかけては自分以外の家族がインターネットを利用して、「通信速度が遅い」と感じるという人も多いかと思います。

その点、NURO光であれば、下り最大2Gbpsの速度が出ますので、それほど通信速度を気にせず在宅ワークをすることができます。

メリット②月額4,743円(税抜)と安い

NURO光の月額利用料金は4,743円(税抜)です。他社の光回線の場合は、5,000円以上掛かるプランも少なくないため、十分安いといえるでしょう。

またNURO光は、基本工事費40,000円が実質無料になったり、NURO光開通から6ヶ月後に45,000円のキャッシュバックがあるキャンペーンも実施しています。キャンペーンも活用すれば更にお得にNURO光を利用することができます。

メリット③セキュリティソフトが無料で付いてくる

NURO光には、月額基本料金500円(税別)相当のカスペルスキーのセキュリティソフトを無料で利用することができます。

スマートフォンやノートパソコンなど最大で5台までインストールすることができるので、セキュリティソフトの導入も考えていた人には嬉しいメリットでしょう。

Security, Protection, Anti Virus, Software, Cms

NURO光のデメリット3選

NURO光の大きなメリットは通信速度が速い、月額費用が安い、セキュリティソフト無料でした。

では、NURO光のデメリットを3つ解説していきます。

デメリット①利用できるエリアが限られる

通信スピードが良く、経済的にも魅力的に見えるNURO光ですが、提供エリアが限られているため、利用が限られる可能性があります。

2020年7月時点での提供エリアは以下の通りです。

  • 北海道
  • 関東エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
  • 東海エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
  • 九州エリア:福岡県、佐賀県

なお、提供エリアは順次拡大中ですので、現在提供されていないエリアであっても、今後はNURO光を利用できる可能性はあります。

デメリット②回線工事が2回必要

silhouette of two people

他の光回線であれば回線工事は1回で済みますが、NURO光の場合は宅内工事と屋外工事の2回必要です。

NURO光の工事の流れは、申込み→工事日決定→工事(2回)→開通となります。

それぞれの工事は別日程でも、まとめて行うこともできますが、工事状況やシーズンによっては2ヶ月程度程度、時間が掛かってしまう場合もあります。

また、宅内・屋外工事どちらも外壁に穴を開ける可能性があります。もし外壁に穴を開ける場合は管理会社を通じてオーナーの許可を取る必要がありますので、ご注意ください。

なお、開通するまでの間は希望者はポケットWi-Fiをレンタルすることができます。(初月税抜980円。1日あたり税抜31円)

デメリット③プロバイダーは固定

会員特典・ポイント | So-net

他の光回線の場合は、自分で希望のプロバイダーを選ぶことができます。一方で、NURO光の場合はプロバイダーはSo-netしかありません。

プロバイダー選びの手間を省けるという意味ではメリットかもしれませんが、現在利用しているプロバイダーからの乗り換えになる場合には、メールアドレスを変更する必要があります。

利用していたプロバイダーでメールアドレスのみを利用するプランこともできますが、別途料金が掛かってしまいますので、ご注意ください。

まとめ

今回はより快適な通信環境を実現するための一つの選択肢として、NURO光を紹介してきました。

NURO光の特徴はなんと言っても通信速度が速いこと。提供エリアが限定されており、開通工事も2回必要で時間が掛かってしまいます、もし提供エリアにお住まいで、通信環境を最高の状況にしたいとお考えの人は、NURO光を検討してみてはいかがでしょうか。

→NURO光(公式サイトはこちら)