「ロゴス×テレワーク」、BBQスタジアムで仕事?

サービス提案の背景

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅待機やテレワークといった新たな働き方が広がりつつある一方、自宅で仕事に集中しづらかったり、環境を変えて働きたい人が多くいます。

株式会社ロゴスコーポレーションは、同社が従来から展開しているアウトドアブランド「LOGOS」を具現化した総合アウトドアレジャー施設『LOGOS LAND』(京都府城陽市)で、テレワークとして活用できる「テレワーク6時間ランチドリンクバーセット」を6月22日から開始しました。

サービス概要

このサービスは、LOGOS LAND内のロゴスカフェ・中庭BBQテラス・BBQスタジアムで、平日最大5組が10時〜16時の6時間利用できます。
ロゴスカフェで上述のセット(¥3,500:税込)を購入すれば、ソフトドリンクが飲み放題で、特製ランチが楽しめます。
フリーWi-Fiも完備されており、仕事でオンライン会議に参加することも可能です。

また、BBQスタジアムでは、屋外ならではの清清しい空気を満喫しながら、コロナを気にすることなく仕事に集中できます。さらに家族で利用すれば、仕事が終わった後にそのままBBQを楽しんだり、テント部屋などでの宿泊も可能です。

お楽しみランチメニュー

テレワークプラン特製弁当、ふわふわオムライス、ロゴモコ、BBQステーキ丼・バーガー&ポテト・ビーフカレー、サイミン、オイルソースパスタ、えび天ぶっかけうどん、温玉ぶっかけうどん

LOGOS LANDにおける主要施設の営業時間と場所

営業時間
・LOGOS LAND園内・9:00〜17:00
・BBQテラス・11:00〜20:30
・BBQスタジアム・10:30〜21:00
・ロゴスファミリーレストラン・7:00〜9:00/11:00〜21:00

所在地
京都府城陽市寺田大川原24-4

まとめ

新型コロナウイルスの感染は、一旦終息したようにみえながらもここ最近は一進一退といった状況です。
ウィズコロナ・アフターコロナ下で、今後の働き方改革の一環としてもテレワークは定着していくとみられますが、人々が密に集う環境には警戒感があるのも事実です。
今回の提案のような、屋外の広いスペースで清々とテレワークを推進し、家族ともども楽しめる環境の提案は魅力的であり、利用の拡大に期待したいものです。

記事監修:染谷祐吏(yuri someya)
一部上場企業のデジタルマ―ケティング責任者としてデジタルトランスフォーメーション推進や新規事業開発に従事。業務支援コンサル、ベンチャー企業の戦略人事を経て2019年にデジタル人材特化型のエージェントとして株式会社MOCHIを設立。テレワーク×DXの課題解決として「リモフリ」を立ち上げ。