【図解】ZOOMバーチャル背景と設定方法(背景素材つき)

外出自粛の影響で、WEB会議やオンライン飲み会などでZOOM(ズーム)を使う頻度は増えているのではないでしょうか。

ZOOMは操作がシンプルで、通信量も少なく、使いやすい点が特徴です。
さらに追加機能として「バーチャル背景」という、背景を自由に設定できる機能も備えています。バーチャル背景は、自分のプライベート空間を映さないことができたり、会話のネタにもなるためSNSなどで話題となっています。

今回はZOOMのバーチャル背景について、利用シーンや設定方法、注意すべき点について解説していきます。

ZOOMのバーチャル背景とは?

ZOOMのバーチャル背景とは、ZOOM画面で映っている人物の背景を架空の画像に置き換えること機能のことです。

バーチャル背景のメリットは自宅のプライベートなものを映り込ませるのを防ぐことができる点にあります。「この場所でしかZOOMを使えないけれど、どうしても後ろに映したくないものがある」という場合に安心です。

またZOOMの背景は思わずクスッとするような面白い背景画像もありますので「コミュニケーションしやすくなる」というメリットもあります。

話題となった「徹子の部屋」背景画像

背景の画像は、ZOOM内にあるサンプル画像の中から選んだり、オリジナルの背景をセットすることができます。最近は、様々な企業がZOOMの背景用として画像を提供しているので、気に入った画像があればそれを使うこともできます。

実際にバーチャル背景の設定・解除方法を解説していきます。
パソコンとスマートフォンそれぞれ設定方法が異なるため、分けて紹介します。

パソコンでバーチャル背景にする

まずパソコンのバーチャル背景設定・解除方法を解説します。

バーチャル背景の準備・設定方法

まずはZOOM 設定画面を開き、バーチャル背景をONにする作業から始めます。

ZOOMの「設定」をクリックし、下にスクロールしていくと、バーチャル背景の項目が出てきます。

バーチャル背景をONにしましょう。

その後、バーチャル背景をONにしたアカウントでZOOMを起動し、ズームのホーム画面右上にある歯車をクリックします。

「バーチャル背景」をクリックし、バーチャル背景画像を選択すれば、無事バーチャル背景を映し出すことができます。

それほど複雑な作業ではありませんし、ビデオ接続していなければ相手に見られることもないので、落ち着いて設定しましょう。

また、もしWEB会議中にバーチャル背景を設定したい場合は、「ビデオ停止/開始」の横にある「^」をクリックすれば、バーチャル背景の設定変更をすることができます。

バーチャル背景の解除方法

バーチャル背景解除には、設定画面にある「None」をクリックすれば簡単に解除することができます。

続いてスマートフォンのバーチャル背景の設定・解除方法を解説します。

スマホでバーチャル背景にする

スマホのバーチャル背景の設定方法もパソコン同様に簡単です。落ち着いて設定しましょう。

バーチャル背景の準備・設定方法

スマホでZOOMを利用するにはアプリが必要となりますので、事前にアプリをダウンロードしましょう。

iPhone(iOS)はこちら
Androidはこちら

まずは初期設定のため個人ミーティングを開始します。
(招待しなければ一人だけのミーティングになります)

ミーティングが開始され、バーチャル背景の設定ができるようになります。

つぎに「詳細」をタップします。

するとメニューが表示されるので、「バーチャル背景」をタップします。

スマホで設定する際、「バーチャル背景ができない」という声がありますが、バーチャル背景設定できるのは、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降の端末です。それ以外のiPhoneやAndroidスマホに関してはバーチャル背景の設定ができませんので、ご注意ください。

最後に設定したい背景画像を選択すれば完了です。サンプルにある画像を使ってもいいですし、「+」を押して、自分のオリジナル画像を背景にすることもできます。

バーチャル背景の解除方法

スマホでバーチャル背景を解除したい場合は、パソコンと同様「None」をタップしましょう。

これで設定と解除方法についての解説は以上です。

オリジナルのバーチャル背景を設定する

サンプル以外の画像を使ってバーチャル背景を楽しみたい、という方にオリジナルのバーチャル背景を設定する方法について解説します。

操作方法は簡単で、バーチャル背景設定画面の「+」をクリックし、画像や動画を選択することで、その画像・動画を背景に設定することができるようになります。

●画像を追加
jpegやpngファイルなどの画像をZOOMに取り込むことで、バーチャル背景として設定できます。

●動画を追加
mp4やmovファイルなどの動画をZOOMに取り込むことで、バーチャル背景として設定できます。

どんな画像を設定したら良いか分からない人は、現在話題となっている実用的なバーチャル背景を紹介しますので、気に入ったものがあればダウンロードして、背景に設定してみましょう。

バーチャル背景に使える素材集

ビジネスシーン

ここではビジネスシーンで使える小ネタの背景を紹介していきます。

「マイクロソフト」

マイクロソフトが提供している背景です。

「中部国際空港セントレア」

「中部国際空港セントレア」より空港の背景です。爽やかなイメージ背景です。

「ニッポン放送」

日本一有名なラジオ番組 ニッポン放送「オールナイトニッポン」の背景です。この背景を使えばオールナイトニッポンのパーソナリティになることができます。

「サッカー日本代表」

「サッカー日本代表」の背景です。ピッチや記者会見場、ロッカールームなどを背景にWEB会議をすることができます。サッカー好きの方におすすめです。

「半沢直樹」

ドラマ「半沢直樹」の会議室などの背景です。「半沢直樹」を観ていた方なら目が行く背景です。

映画・TV関連

ここでは映画・TV関連の背景を紹介していきます。

「ディズニー・ピクサー」

「アナと雪の女王」、「マンスターズ・インク」、「トイ・ストーリー」などで使用された背景画像です。ディズニー好きにはたまらない背景です。

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」

世界的に人気の高いハリー・ポッターやファンタスティック・ビーストのファンタジーな世界観を背景にすることができます。

「逃げるは恥だが役に立つ」

大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のヒロイン・みくりと平匡さんの部屋です。背景に設定してコミュニケーションのきっかけにしてみてはいかがでしょう。

「トップガン」

大ヒット映画「トップガン」の背景です。戦闘機が背景に映し出され、男のロマンを感じます。

「ジュラシック・ワールド」

SF恐竜映画「ジュラシック・ワールド」の背景です。恐竜が大きく映し出されており、インパクトのある背景です。

アニメ関連

続いてアニメ関連の背景を紹介していきます。

「スタジオジブリ」

「紅の豚」、「となりのトトロ」、「耳をすませば」などのスタジオジブリ作品の背景です。ジブリが好きな方におすすめです。

「機動戦士ガンダム」

「機動戦士ガンダム」の背景です。ガンダムに関連する背景はたくさんあるので、色々探すのも楽しみのひとつです。

「エヴァンゲリオン」

大人気アニメ「エヴァンゲリオン」の背景です。エヴァンゲリオン好きな人におすすめです。

「スタジオ地図」

スタジオ地図より「サマーウォーズ」の背景です。サマーウォーズの背景画像は続々と新しいものが発信されているので、スタジオ地図のTwitterは注目です。

「ちびまる子ちゃん」

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の背景です。ちびまる子ちゃんの世界を楽しむことができます。

面白ネタシリーズ

最後にクスッとする面白ネタを紹介していきます。

「笑点」

国民的番組「笑点」の背景です。何か面白いことを言わないといけない雰囲気になりそうです。

「マンガの背景画像」

マンガの背景に使用されている集中線や効果線などの背景です。マンガの世界に入りこめます。

「電波少年」

伝説のお笑い番組「電波少年」の背景です。この画像を背景に設定することで、テレビ越しに観ていたあの景色を自分で再現することができます。

「視力検査の気球」

視力検査で目にする気球の背景です。ただし気球が真ん中にあるので、真ん中にいると気球と被ってしまいます。

「徹子の部屋」

「徹子の部屋」の背景です。あの世界観に入ることができます。

撮影した写真や動画も設定できる

バーチャル背景の画像ですが、今まで紹介してきた話題のバーチャル背景以外にも自分で撮った写真や動画など、オリジナルの背景を設定することもできます。

設定方法は今まで解説してきた使い方と全く同じで、バーチャル背景設定画面の「+」をクリックし、インストールし、選択すれば設定完了です。

バーチャル背景を使う際の3つの注意点

最後にバーチャル背景を使う際の3つの注意点を解説していきます。

設定できないものがある

古いパソコンやスマートフォンだとバーチャル背景を設定できない場合がありますので事前の確認が必要です。

パソコンの場合はデュアルコア2Ghz以上(i5/i7またはAMD相当)プロセッサのPC性能に加えてZOOMアプリがVer.3.5.53922.0613でなければいけません。古いパソコンの場合、PC性能を満たしていないものもありますので、注意が必要です。

またスマートフォンは、Android版は非対応で、iPhoneもiPhone 8以降の端末でないと、スマートフォンでバーチャル背景を利用することはできませんので、ご注意ください。

利用場所と服装に考慮する

画面越しに映る自分の背景によって、バーチャル背景がうまく機能しないことがあります。例えば、モノがたくさん映り込む場所やカラフルな壁だと、うまく機能しません。

そのため、自分の背景は無地になる場所を選ぶようにしましょう。そうすれば、バーチャル背景の画像が均一に綺麗に映ります。また服と背景を違う色にすることで、誤って服も背景の一部だと認識されることを防ぐことができます。

背景と同化することがある

バーチャル背景を設定したとき、自分自身が背景として認識されてしまうことがあります。原因が特定できない場合もあるため、その場合は、手動で背景色を設定しましょう。

上記画像のようにバーチャル背景設定画面において、「グリーンスクリーンがあります」をクリックします。すると「検出された色は正確ではない場合、手動で背景の色を選択します」という表示が出てきますので、下のカラーボタンで、画面上で背景として認識してほしい部分をクリックしましょう。クリックした部分を背景にすることができるので、自分以外の部分を選択すれば、自分以外が背景として認識されます。

WEB会議で会話のきっかけに

今回はZOOMのバーチャル背景について解説をしてきました。

バーチャル背景は自分のプライベート空間を映さないことが可能な機能ですが、色々な背景画像を使うことで、WEB会議中のアイスブレイクや雑談につながり、会議の雰囲気を和らげたり、コミュニケ-ションを増やすきっかけになります。

テレワークでメンバーとのコミュニケーションが減ってWEB会議の進行や運営に課題を抱えている方は、一度取り入れてみてはいかがでしょうか。