テレワークでおすすめのレンタルWi-Fiルーター3選

急なテレワークですぐにインターネットが必要になる方や、在宅期間だけ通信量を増やそうと検討している方もいるのではないでしょうか。

快適なテレワークを実現するためには、自宅のネット回線を優先して整える必要があります。

なぜならテレワークではWeb会議やチャット、リモートデスクトップ、YouTubeで音楽を聴きながら仕事など、頻繁にネットを使うためです。

もし自宅のネット回線が遅いと仕事の効率にも影響し、ストレスの原因にもなります。

しかし、自宅で使える光回線や携帯できるポケットWiFiなどがあり、どちらを選んだらよいか分からない方もいると思います。

そこでおすすめなのがレンタルできるポケットWi-Fiです。(モバイルWi-Fiとも呼ばれます)

今回はテレワークにおすすめのポケットWi-Fiのレンタルルーターを紹介していきます。

ポケットWi-Fiを選ぶときの4つのポイント

ポケットWi-Fiルーター選びのポイントで大切なのはこの4つです。

<ポケットWi-Fiルーター選び4つポイント>
✔通信速度の速さ
✔速度制限のかかりにくさ
✔レンタルできるかどうか
✔セキュリティの強さ

これについて詳しく解説していきます。

通信速度の速さ

「通信速度が速い」ことは、テレワークを行う上でとても大切です。

Web会議をしていて、自分だけ通信速度が遅くて周りに迷惑を掛けてしまうといったことは避けたいところです。

通信速度には「上り」と「下り」の2種類があります。

「上り」とは、メールを送信したり、アップロードをしたりといった、こちらからデータを送る時の通信速度のことです。

一方、「下り」とはメールの受信や動画やファイルの読み込みなどデータの受信時の通信速度のことです。

「動画の読み込みが遅い」「ファイルを全然読み込まない」など一度は感じたことがあるかと思いますが、「下り」の方が、通信速度の速さを測る上では重視することが多いです。

ポケットWi-Fiのルーターには「上り」と「下り」の通信速度が表記されているものがありますので、チェックしましょう。

10Mbps~30Mbps以上の表記があるものが快適でおすすめです。

速度制限のかかりにくさ

すぐに速度制限に掛かってしまっては仕事になりません。

ポケットWi-Fiのレンタルルーターは「1ヶ月10GB」など月単位で上限が設定されていることが多いです(レンタルではないポケットWi-Fiサービスも「3日で10GB」「1日3GB」などの上限があるものもあります)。

また、テレワークでは1日最低2GBは使うとみた方が良いでしょう。

参考記事:1日のギガ数はどのくらい?テレワークに役立つおすすめポケットWi-Fiとは

プライベートでも動画をたくさん見たり、よくWeb会議をするなどの人はもっと使用します。できたら1ヶ月の通信制限の上限が多いプラン、もしくは通信制限がないプランを選んだ方が無難です。

レンタルできるかどうか

レンタル可能なポケットWi-Fiの魅力は自宅以外でも快適に使用することができる点です。

特に喫茶店やカフェ、電車などでちょっとした仕事をしたいと思った時は、非常に役立ちます。

レンタルできるポケットWi-Fiの中には、契約期間がなく、短期間で簡単に解約や延長手続きができるものや1日単位でレンタルできるサービスもあります。

自宅以外でも使用できるポケットWi-Fiを使いたいけれど、通信環境が心配という人は、レンタルを試してみると良いでしょう。

セキュリティの強さ

会社の情報漏えいを防止するためにもセキュリティには気をつけたいところです。

ポケットWi-Fiは、通信データを守るために「暗号化」がされています。

カフェや公共機関にある「フリーWi-Fi」では暗号化されていないものがありますので、情報漏洩リスクが高くなります。

そのため、個人情報や機密性の高い情報を社外で扱う場合はポケットWi-Fiを契約するほうが安全です。

この暗号化には規格があるのですが、1番セキュリティ機能の高いWPA2(AES)という暗号化方式のものがおすすめです。

おすすめのレンタルWi-Fiルーター3選

それではおすすめのレンタルWi-Fiルーターを3つ紹介していきます。

【WiFiレンタルどっとこむ】SoftBank T6無制限

WiFiレンタルどっとこむは国内用Wi-Fiレンタル2年連続No.1のサービスです。

1日単位でWi-Fiルーターをレンタルすることができ、また最短で当日発送されるので、すぐにでも通信環境を整えたい人におすすめです。

→WiFiレンタルどっとこむ(https://www.wifi-rental.com/)

そして、WiFiレンタルどっとこむで売り上げランキングNo.1なのがSoftBank T6無制限です。

このルーターは450円/1日から使用することができ、バッテリーも大容量です。

ただし、1日5GBまたは月間150GB以上の通信利用をした場合には通信速度が制限される可能性がありますので、注意しましょう。

その他WiFiレンタルどっとこむはルーターのバリエーションも豊富ですので、一度公式HPをご覧になってみてはいかがでしょうか。

クラウド型ポケットWi-Fi

クラウド型ポケットWi-Fiは、通信容量の制限がなく、解約違約金も無しでポケットWi-Fiを利用することができます。

料金プランは、月額料金3,250円(税抜)の1種類のみで、とてもシンプルなのが特徴です。

→クラウドWiFi(https://afi.cloud-wi-fi.jp/)

クラウドWi-Fiの「U2s」は下り最大150.0Mbps、上り最大50.0Mbpsの通信速度で、12時間の長時間使用が可能です。

ポケットWiFiの中でも通信速度が速い方なので、サイト閲覧や動画視聴もサクサクできます。

容量に制限がないため、残りギガ数や通信制限に不安を抱える必要がなく安心して使うことができます。

また世界135ヵ国にも対応していますので、出張や旅行時にも使えるのも嬉しいポイントです。

【FUJI Wi-Fi】FS030W

FUJI WiFiは契約期間の縛りがなく、単月利用ができるポケットWi-Fiのレンタルルーターです。

→FUJI Wi-Fi(https://fuji-wifi.jp/)

料金プランは、月間データ利用量に合わせて選択でき、30ギガ・50ギガ・100ギガのプランがあります。

30ギガのプランは料金が2,600円(税別)~/月と他社に比べても安くてお得です。1日1ギガが目安になるので、ネットを頻繁に使う人はできれば50か100ギガを選ぶのが無難です。

世界93ヵ国に対応していますので、テレワーク以外にも利用できるシーンはあるでしょう。

まとめ

今回はWi-Fiを選びのポイントとおすすめのレンタルWi-Fiルーターを紹介してきました。

ポケットWi-Fiは自宅以外でも利用できるのがメリットですが、通信速度はどうしても光回線に劣ってしまいます。

しかし、ポケットWi-Fiでも通信速度は満足している人もたくさんいます。もしあなたがポケットWi-Fiに興味があれば、一度レンタルで利用してみてはいかがでしょうか。